事務局

事務局長 神田 将良

事務局長方針

一般社団法人羽島青年会議所は高度成長期の真っただ中である1968年に地域の発展と活性化を促し、未来のまちを明るい豊かな社会へと変えていくために青年経済人が中心となり創設されました。以来「修練」「奉仕」「友情」のJC三信条のもと、厳格なルールを遵守しつつも柔軟な考え方で先輩諸氏のたゆまない努力と組織運営により、創立50周年を迎えることができました。

近年、会員数の減少や在籍期間の短期化により先輩諸氏から受け継いできたルールや思いを継承できていないのが現状です。そのためにも事務局として基本的なルールを伝えるとともに、理事会や総会の運営をしっかりと行い、メンバーに対して模範となる運営や情報発信を行っていくことにより、先輩諸氏から受け継いできた思いを継承していきます。

公益社団法人日本青年会議所からなる一組織として日本本会、東海地区協議会、岐阜ブロック協議会からの情報を発信していくことでメンバーに対して各種事業へ積極的参加を促し、メンバーがLOM外の各種事業へ参加することにより新たな気付きをLOMや委員会に持ち帰り、今後の活動にいかしていただきます。

50周年を迎えるにあたり、記念式典や記念事業が開催されます。OB交流会では過去に行われた周年事業での経験や学びを知り、記念式典や記念事業に生かしていきます。
なまずまつりでは、なまずまつり実行委員会の一員として新たな価値を加えるとともに、他の関係諸団体と信頼関係の構築をしていきます。

最後に、事務局はよくLOMの要と言われます。事務局が組織を支える縁の下の力持ちとなり、青年会議所活動が円滑に行われるように連絡を密にとりあい、メンバーが1年間愉しんで活動できる組織運営に努めます。