一般社団法人 羽島青年会議所 2018年度

資質向上 委員会

まちづくり委員会

担当副理事長 堀 隆浩

 

青年会議所は一つの大きな理念として「明るい豊かな社会の実現」をめざし活動を行っております。しかし、私たちの活動の展開により明るい豊かな社会の実現を達成するために与える影響はほんの小さなことであり、私たち自身も知識の習得や経験を積み重ね成長しなければ小さな影響すら与えられません。

一般社団法人羽島青年会議所は49年目をむかえ先輩諸兄の絶え間ない努力と自己研鑽に努め,我々が核とする地域に各種事業を発信することで影響を与えてまいりました。しかし、近年の青年会議所の取り巻く環境は、メンバー不足や入会年数の浅いメンバーが多くなってまいりました。これは羽島青年会議所も同様で、特に入会年数の浅いメンバーが非常に多くなり、まだまだ青年会議所の理念や活動の理解が進まないうちに理事や委員長を経験しなければならないのが現状です。地域の成長を促すためには、まず自らも成長していかなければならないと考えます。2017年度理事長スローガン「威風堂々」のもと、青年会議所の人材の育成と地域住民の成長が「明るい豊かな社会の実現」の一歩につながると考えます。そのためにも、まちづくり委員会ではメンバーと地域住民の成長につながる事業展開をすることで、まちづくりに必要不可欠な人を育てることが必要であります。また、行政と地域住民が自らの思想やまちづくりに必要な考えを提言・共有する場を提供しまちの未来を考える事業が必要だと考えます。また、これらの事業を構築しメンバーを巻き込んで展開していくことにより成長を促していけるのではないでしょうか。

最後に、私自身いろんな経験をしてきた中での知識や経験を入会年数の浅いメンバーに伝えていくことが重要であり、また彼らから得られる新たな知識を有することで共に成長していくことが、これからの羽島青年会議所とまちの発展につながると考えます。