専務理事方針

一般社団法人羽島青年会議所2016年度

事務局

専務理事 浅野 覚

卒業年度である年に専務理事という大変重要な役職に就かせて頂き、組織を運営する立場となり大きな責任を感じております。

理事長、副理事長を補佐する事はもちろんですが、事務局、委員会、出向するメンバーの状況を常に把握し気配りを怠らず、会員の声に耳を傾け組織運営がスムーズにおこなえるよう最大限努力しサポートしていきます。

入会して間もないメンバーには、青年会議所の組織についてや役職の役割や魅力など、具体的に伝えていき、これから入ってくる新入会員や共に活動がしたい新入会員候補者には羽島郡市の魅力、青年会議所の魅力を伝えていきます。また、常に課題となっている会員拡大においては、2016年度は拡大担当委員会がありませんが、今までにない新しい試みでおこなう会員拡大推進会議室を設けております。メンバー全員が会員拡大に対して意識を向上させれるよう最大限にサポートしていきます。

本年度理事長が掲げるスローガン「共育創生~次代へ紡ぐ気高き躍動~」であります。このスローガンのもと、大人も子どもも安心して暮らせる豊かな羽島を実現する為には、まずは目的を共有しLOM内の結束を高め、共に学び、共に成長できることが一番と考えます。その為には、メンバー各々が地元を思い自分達がふるさと羽島郡市の未来を切り開いていくのだという思いで切磋琢磨することが重要と考えます。そして事業に対しては、委員会メンバーだけではなくLOMメンバー全員が一つの事業に積極的に取り組み、支え合える、そんな組織運営を目指します。

47年間(一社)羽島青年会議所が築いてきた伝統を守り、引継いでいきます。専務理事としてLOMの運営が滞りなくできるよう、誠心誠意務めさせていただく所存であります。2016年が実りある充実した年となるために、何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。